主義・思想




一度に5問づつランダムに出題されます。解き終わったらPLAY AGAIN を押して、何度も新しい問題に挑戦してみましょう!

ホッブズは、人間の自然権は自由・平等なものと考えたが、同時に自然状態においては「万人の万人による闘争(利己主義)」とならざるを得ないとし、その状態を克服するために個々の権利を国家権力に委譲しなければならないと主張した。
LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーのそれぞれの頭文字をとった言葉。
19世紀の「夜警国家」から20世紀の「福祉国家」への政府機能の変化により、政治の中心は「立法府」から「行政府」へと移行していった。
パートナーシップ制度により、日本においても同性婚が認められるようになった。
パートナーシップ制度とは、同性の婚姻が法的に認められていない日本で、自治体が独自にLGBTQカップルに対して「結婚に相当する関係」とする証明書を発行し、様々なサービスや社会的配慮を受けやすくする制度である。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました