一般知識 問題集

合格の鬼門「一般知識」

行政書士試験のなかで意外と掴みどころが難しく合格への鍵となる科目が「一般知識」です。
しかも難易度は決して簡単ではないため、法令科目ばかりに集中していると、一般知識に費やす時間が少なくなり、足切りラインに届かず不合格になってしまうという注意が必要な科目です。

以下のジャンルから合計14問(56点)出題され、最低24点以上を取らないと足切り(不合格)となってしまいます。

政治・経済・社会 7問
個人情報保護・情報通信 4問
文章理解 3問

「政治・経済・社会」からの出題数が最も多く、試験範囲が非常に広ことから、ポイントを掴みながら効率よく学習することが重要になります。

「個人情報保護・情報通信」は個人情報保護法などの律系の一般知識が問われる問題です。
得点するには用語の意味を正確に理解して試験に備えなければなりません。

「文章理解」は要旨を問う問題、並べ替え、穴埋めなど、毎年大学受験レベルの読解問題が出題されますが、出題傾向が固まっているので、ここでの3問は確実に取っておきたい問題です。

行政書士試験は「法令等」と「一般知識等」からなる出題範囲が多い試験です。効率よく合格を狙うためには、掴みどころが難しい一般知識をいかに効率よく学習するかがキーポイントになってきます。このサイトを使って通勤通学時やちょっとしたスキマ時間を使って効率よく学習してください。

一般知識 クイズ

政治
経済
社会
個人情報保護
情報通信

 

タイトルとURLをコピーしました