地方自治・地方財政




一度に5問づつランダムに出題されます。解き終わったらPLAY AGAIN を押して、何度も新しい問題に挑戦してみましょう!

地方自治体が発行する地方債の用途は、建設事業の財源調達に限られている。
地方公共団体の財源には、地方財、地方交付税、国庫支出金、地方債がある。
特別交付税は、特別な財政需要があるか、または特別の財政収入減があったり、普通交付税の額が財政需要に比べて過少であると認められる場合に支給される。
地方自治体は、議院内閣制を採用しているため、議会による首長の不信任決議がある。
全国的な規模で行われた市町村合併により、「昭和の大合併」では約3200あった市町村が約1700まで減少した。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました