環境問題・災害史




一度に5問づつランダムに出題されます。解き終わったらPLAY AGAIN を押して、何度も新しい問題に挑戦してみましょう!

調和条項とは、生活環境の保全は、経済の健全な発展との調和のもとで進められるべきものであると規定した条文で、1993年に制定された環境基本法にも条文化されている。
1934年9月21日、大型の台風が高知県室戸岬付近に上陸し、京阪神地方を中心として甚大な被害をもたらした。
廃棄物処理法による一般廃棄物とは、産業廃棄物以外のものと定義しており、家庭から排出される一般廃棄物の処理は、市町村が負う責務としている。
1958年に発生した枕崎台風は、大雨による土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ、1000名を超える犠牲者を出した。
1923年、マグニチュード7.9、最大震度6以上の大地震が関東地方を襲い、死者行方不明者が14万人以上の史上最大の地震災害が起こった。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました