情報通信




一度に5問づつランダムに出題されます。解き終わったらPLAY AGAIN を押して、何度も新しい問題に挑戦してみましょう!

不正アクセス禁止法とは、不正アクセス行為や、不正アクセス行為につながる識別符号の不正取得・保管行為、不正アクセス行為を助長する行為等を禁止する法律である。
デジタル手続法の基本原則である「ワンスオンリー」とは、民間サービスを含め、複数の手続がワンストップで実現する事を言う。
IPアドレスとは、インターネットに接続されているコンピュータに振られている識別番号である。
符号化とは、連続したアナログデータを一定間隔で区切ったり、画像の場合は分解して小さな点の集合にする作業をいう。
行政機関の長は、個人識別情報であっても、その個人が公務員である場合、職務遂行の内容のみならず、その職についても開示しなければならない。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました