土地・海洋・資源・エネルギー




一度に5問づつランダムに出題されます。解き終わったらPLAY AGAIN を押して、何度も新しい問題に挑戦してみましょう!

バブル経済期に制定された土地基本法とは、土地問題(特に異常な地価高騰)に対処するために、土地に対する基本理念を明らかにし宣言したものである。
バイオマス発電とは、動植物から生まれた生物資源(化石燃料を除く)であるバイオマスを燃料に発電を行うことである。
排他的経済水域(EEZ)とは、国連海洋法条約に基づき天然資源の探査や経済活動、海洋の科学的調査、海洋環境の保全などについて領海基線から200海里以内で設定できる水域のことである。
ドイツは、東日本大震災後に脱原発を宣言した。
国有財産である公有水面について、国(知事に法定受託)が一定の範囲を区画して埋立てを行う権利を付与する行政行為であり、公有水面の埋立てについては、公有水面埋立法により、県知事の免許を受けなければならない。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました