政治「法律・憲法・条約」

政治「法律・憲法・条約」

1999年の地方分権一括法による地方自治法改正により機関委任事務が廃止された。
1998年に成立した中央省庁等改革基本法により、内閣機能の強化、行政機関の再編成、特殊法人制度の創設などが行われた。
1993年に制定された新憲法により、ロシア議会は連邦会議(上院)と国家会議(下院)の二院制となった。
総定員法とは、内閣や各省庁の常勤職員の定員総数の上限を定めた法律である。
2018年に施行された男女共同参画推進法は、男女の差別なくひとりの人間として能力を発揮できる機会を確保することを目的とした法律である。
1899年の農会法により日本各地の農会が組織化され、その結果、市町村農会、郡農会、府県農会などの系統農会が組織されるようになった。
1688年にフランスで起きた1名誉革命の翌年、「権利章典」が制定された。
平成や令和などの元号は、皇室典範に基づいて内閣が政令で定める。
民間活動の領域を拡大し簡素で効率的な政府を実現するために、2006年に行政改革推進法が成立した。
市町村制とは、明治憲法下における地方自治に関する法律である。
タイトルとURLをコピーしました