政治「法律・憲法・条約」

政治「法律・憲法・条約」

アメリカでは1920年の合衆国憲法修正19条により、アメリカ全土で女性の参政権が実現した。
平成や令和などの元号は、皇室典範に基づいて内閣が政令で定める。
総定員法とは、内閣や各省庁の常勤職員の定員総数の上限を定めた法律である。
1917年に建国されたソビエト社会主義共和国連邦が公布した憲法では、自然権として人民の基本的観念が規定されている。
市町村制とは、明治憲法下における地方自治に関する法律である。
1999年に施行された男女共同参画社会基本法は、衆参議員や地方公共団体の男女候補者の均等を目指すなど、男女それぞれの公職の候補者の数について目標を定める法律である。
第一次世界大戦後の1919年、ドイツ連邦共和国基本法(ボン基本法)が制定された。
民間活動の領域を拡大し簡素で効率的な政府を実現するために、2006年に行政改革推進法が成立した。
第一次世界大戦後の1919年、ドイツではワイマール憲法が制定された。
1688年にフランスで起きた1名誉革命の翌年、「権利章典」が制定された。
タイトルとURLをコピーしました