政治「法律・憲法・条約」

政治「法律・憲法・条約」

第一次世界大戦後の1919年、ドイツ連邦共和国基本法(ボン基本法)が制定された。
イギリスでは19世紀に3度にわたる選挙法改正が行われ、男女普通選挙が実現した。
アメリカでは1920年の合衆国憲法修正19条により、アメリカ全土で女性の参政権が実現した。
1688年にフランスで起きた1名誉革命の翌年、「権利章典」が制定された。
1999年に施行された男女共同参画社会基本法は、衆参議員や地方公共団体の男女候補者の均等を目指すなど、男女それぞれの公職の候補者の数について目標を定める法律である。
1999年の地方分権一括法による地方自治法改正により機関委任事務が廃止された。
第二次大戦後の選挙法改正により、日本の女性参政権が認められた。
平成や令和などの元号は、皇室典範に基づいて内閣が政令で定める。
1998年に成立した中央省庁等改革基本法により、内閣機能の強化、行政機関の再編成、特殊法人制度の創設などが行われた。
1889年に交付された大日本帝国憲法(明治憲法)では地方自治権が厳しく統制されていた。
タイトルとURLをコピーしました